エネルギーと環境を考える会
写真1
写真2
写真3
写真1
写真2
写真3

コンセプトConcept

「次世代エネルギーシステムの普及、促進を通して地域社会、地球環境に貢献する」

エネルギーと環境を考える会では技術開発を通じて環境改善や保全に向けた活動の推進を行ってまいります。

ご挨拶Message

「エネルギーと環境を考える会」は、環境に配慮した次世代エネルギーシステムの研究開発を行い、広く社会に普及、貢献することを目的としています。

次世代エネルギーのなかでも、再生可能エネルギーはエネルギー源として永続的に利用することができるものとして、太陽光、風力、水力、地熱、太陽熱等の自然界に存する熱、バイオマスが規定されています。

このエネルギーは資源が枯渇せず繰り返し使え、発電時や熱利用時に地球温暖化の原因となる二酸化炭素をほとんど排出しないすぐれたエネルギーです。
また、再生可能エネルギーの導入拡大により、環境関連産業の育成や雇用の創設といった経済対策としての効果も期待されます。

ただ、発電コストが高くなる。電気の安定供給に問題が生じる。発電出力の抑制や蓄電設備の設置等の対策が必要など、今後解決すべきいろいろな問題があります。

このような状況の中、私たち「エネルギーと環境を考える会」は供給側、需要側の双方の立場から、再生可能エネルギーやこれらで作られた電気を蓄え、安定的に供給し効率的に使うためのシステム作り研究開発に積極的に取り組んでまいります。

代表理事 園田 敏明

新着情報What's new

公式 FacebookFace Book

事業ピックアップPick Up